肌トラブルの予防メモぶろぐ肌トラブルの予防メモぶろぐ

TOP PAGETOP PAGE > >> ニキビは思春期に指しかかると出はじめ
ニキビは思春期に指しかかると出はじめ

ニキビは思春期に指しかかると出はじめ

ニキビは思春期に指しかかると出はじめる症状で、赤ちゃんには発生しません。赤ちゃんに頻繁に起きるのは、オムツかぶれなどで知られるかぶれがあります。実際、赤ちゃんの肌は、大変敏感で、すぐにかぶれができてしまいます。ニキビとかぶれは同一ではありません。
赤ちゃんの肌に何か異変が起きてしまったら、できれば早めに病院を受診して頂戴。

スキンケアを怠ると、どうなるかというと、殆どの人は肌がボロボロになることを思い浮かぶのはと考えますが、正解はまったく別で肌はゲンキを取り戻します。


化粧をするということは肌に悪影響を及ぼすので、それを使わないようにしてワセリンだけで肌をいたわってやるのが1番良いスキンケアだと言えます。
一般的に、肌のシミの犯人といえば紫外線ですが、もう一つのシミの元凶と言われているのがホルモンバランスの乱れです。


その主な症状の一つであるのが、最近、CMで話題の「肝斑」です。ホルモンバランスの乱れによるシミの一つがこの肝班で、主に妊娠中、出産の後によく姿を現すことが明らかになっています。

肝斑の発症を促す他の原因として、ピルの服用が挙げられ、その治療は紫外線によるシミにくらべて困難であるといったことも他のシミとの大きなちがいです。

うっかり肌にできてしまったシミやそばかすを出来るだけ薄くしたいと思い、美容液の中でもビタミンC誘導体が配合されたものをつけています。顔を洗って余分なメイクや汚れを落とした後、清潔な指先に美容液をとり、シミが出来てしまった部分にトントンします。

使用を続けて一ヶ月ほどで、シミやそばかすが、少し目立たなくなったのが実感できて、嬉しくて、喜びの気持ちでいっぱいです。

敏感肌(低刺激性の洗顔料を使って正しく汚れを落とし、しっかりと保湿を行い、肌が乾燥しないように気をつける他、食生活や生活習慣なども見直す必要がありますね)の問題点としては、水分不足によることが殆どですが、肌質と合っていない化粧水の使用は、反対に悪化させてしまいます。

肌質に合致している低刺激の化粧品を用いて、十分な保湿をするようにして頂戴。ダブル洗顔はダメージを与えますので、刺激がマイルドな肌に合うクレンジング剤で、抜かりなく落とすようにして頂戴。
10代の期間、スナック菓子をたくさん食すると翌日にはニキビが現れていました。食べ物がここまで影響するんだ、と認識したでしょう。

それ以降、年齢をかさねると共に、食生活にも注意(頻繁に受けていると、信用を失いかねません)をし、チョコレートやスナック菓子などには目を向けないようにしています。そのおかげかニキビも完全に出なくなりました。



シワやたるみには、表皮の薄さが関係しています。
シワが急に増えてきたり、できやすいように思ったら、いま一度、ご自身の肌とむきあってみて頂戴。

手の甲が薄くなっていたり、まぶたや目の下の血管がうっすら見えるような人は気をつけたほうが良いでしょう。
表皮が薄いと水分が保持できないばかりか季節のダメージを受けがちなので、たるみが出るとシワに直結する傾向があります。
普通にしていても皮膚はだんだん薄くなっていきますから、早いうちからエイジングケアをきちんと見直してみるべきでしょう。



どうしてニキビができるのかというワケのひとつに、乾燥がふくまれています。

肌の余分な油脂がワケじゃなかったの?とびっくりしている人持たくさんいらっしゃるでしょう。
もちろん、余分な油脂がせいで毛穴が詰まるのも原因のひとつなのは本当ですが、だからといって油脂を落としすぎると、今回は乾燥した肌になり、それがニキビができる元凶となってしまいます。


顔以外で、思わぬ場所でニキビができやすいのは実は、背中。

背中は目が届かない場所なので、背中にできたニキビには、見つけられない場合が多いです。


しかし、背中のニキビでもケアをきちんとしないと跡になってしまいます、注意(頻繁に受けていると、信用を失いかねません)がいります。吹き出物を防ぐために、私は毎朝、果物を食べるようにしています。

その時期の旬のフルーツを必ず食べています。フルーツを摂取するようになってから、肌を褒められる機会が多くなり、生理前でも吹き出物が現れなくなりました。


便秘が治ったのも、ニキビが発生しなくなったワケの一つと推定できるかもしれません。

関連記事




Copyright (C) 2014 肌トラブルの予防メモぶろぐ All Rights Reserved.